Kuo氏:Apple製5Gモデムは早ければ2023年のiPhoneから採用

Appleが開発中の自社製5Gモデムチップは早ければ、2023年のiPhoneから採用されると、TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏が最新リサーチノートで予測しています。


販売好調が伝えられているiPhone 12の5GモデムはQualcomm製で、これを自社製に置き換えることでコストが下がるほか、A14/M1などの自社製チップに組み込んで、一つのSoCとして設計することも可能になります。

Appleは2019年にIntelのスマートフォン用モデム事業の大部分を買収していて、これにより “将来の製品に関する開発を促進し、アップルが今後さらに差別化できるようになる “と述べていました。

このApple製5Gモデムについては、2020年から開発が始まったようで、バークレイズのアナリストは2023年のiPhoneから独自のカスタム設計による5Gモデムを搭載すると報じていました。

なお、Appleが自社開発の5Gモデムを2022年iPhoneに搭載する計画2022年のiPhoneにはSnapdragon™ X65が採用される可能性大という話も出ています。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA