Macroblock会長「2021年後半のApple製品によりミニLEDバックライトの需要は高まる」

DIGITIMESが、Macroblockが開発したミニLEDバックライトやファインピッチミニLEDディスプレイに使用される新世代のドライバICについて伝えています。

この中で、Macroblockの会長であるYang Li-chang氏は、ミニLEDバックライトの部品コストは通常のLEDより20-30%高いが、2021年の後半に登場するとみられるApple製品により、ミニLEDバックライトの需要が高まるだろうとしています。

ミニLEDバックライトを採用したタブレット/ノートPCは1万個以上のミニLEDチップを使用することになり、16の出力チャンネルを持つ30個以上のスタティックドライバーICが400個以上のローカル調光ゾーンを駆動する必要があるが、Macroblock社が設計した16スキャン対応の新世代ミニLEDバックライトドライバIC「MBI6322」を2個使用するだけで、同じ表示効果を得られ、使用部品数の大幅な削減とPCBレイアウトの簡素化につながると主張しています。

ミニLEDバックライトを採用したiPad ProやMacBookシリーズについては、以前からいくつかの噂が出ていて、TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏はAppleがミニLEDバックライトを採用した6製品を開発中で、2020〜2021年に発売される可能性を3月に伝えています。

なお、iPad Proに関しては、今年すでにマイナーアップデートが行われているため、一年以内にリプレイスする機種が出る確率は低そうで、そう考えると、今回の「2021年後半」という時期は信憑性が高いと思われます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。