DropboxのApple Silicon(M1)ネイティブ版がリリース。オフラインインストーラー、確認方法あり。

ちょっと時間はかかりましたが、DropboxがApple Siliconネイティブになりました。

すでに自動更新で反映されている方も多いはず。

Dropboxメニューアイコンから基本設定を開き、バージョン143.4.4161になっていたら、Apple Silicon対応のステイブルビルドがインストール済みということになります。

僕も確認してみたところ、すでにアップデート済みでした。


Apple silicon (M1) 上で動作しているかどうかを確認する方法は以下の手順。

・アクティビティ モニターを起動
・ウィンドウの上部にある[CPU]タブをクリック
・プロセス名の下にある[Dropbox]を探します。
・Kindラベルの付いた列を見つけます。
・この列の値が Apple となっている場合、Dropbox は Apple シリコン(M1)上でネイティブに動作しています。

なお、「Stable Build 143.4.4161 – Dropbox Community」ではオフライン・インストーラーも配布されているので、必要であれば自分でインストールも可能です。


Apple Siliconの対応状況は「Dropbox native support for Apple silicon (M1) | Dropbox Help」にあります。


この辺の情報にたどり着くのが、ややわかりにくいということはありますが、これでようやくDropboxはM1ネイティブになったので、M1搭載Macユーザーはさらに快適に使えるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA