新たに中国のSG Microが、iPhone 14ハイエンド機種のパーツ出荷を開始

iPhone 14シリーズのサプライヤー問題のリスクを回避するためかもしれませんが、iPhone 14ハイエンド製品のサプライヤーとして、新たに中国のSG Microが加わったという話。via Kuo氏。

1. SGマイクロは、上位機種のiPhone 14の品質認証に合格しており、iPhone 14用のPMIC(バッテリー、レベルシフター)を下期22日に出荷するようです。

2.SGマイクロがアップル社のハイエンド製品を出荷するのは初めてで、アップル社の収益貢献度が大幅に向上し、その技術力はすでに家電分野の世界的なティア1企業に匹敵するものとなっています。

日本のユーザーとしては、直接気にする必要もなさそうですが、強いて言えば、今後入手するiPhone 14シリーズのバッテリーがSG Micro製になる可能性はありそうです。


中国のサプライヤーに発注しているという事実は、中国政府の心証もよくするだろうし、この辺も、Appleのサプライヤー調整能力というか、リスクヘッジのための選別なのかもしれないですね。

で、これだけ万が一に備えて、サプライヤーも増やしているということを考えると、9月のiPhone 14は順調に発表発売されそう。

機種変する予定の人は、ProかPro Maxを買うつもりで貯金しときましょう〜。僕はiPhone 13 Proなので、今年は見送りで来年かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA