Other Interests(BeatMaker3/Cook CEOが11億円寄付/2万円以内のUSB-Cモバイルディスプレイ)

iPad Proで「BeatMaker3」

もう先月から自粛続きで、そろそろゲンナリしかかっていたところで、今度は緊急事態宣言。

ジムもクローズして行けなくなりました。

まあ、ジムでもマスクしろって言ってもしてない人が多かったり、自分は感染してない!と妙な確信を持っている様子で、近距離で喋り倒してくる人もいるので、まあ、仕方ないところもありますね。

とりあえず、トレーニングもできなくなってイライラすることが増えてきたのですが、なるべくポジティブな方向に持っていきたいので、この期間は普段やれなかったことに時間を使ってみるようにしてます。

そして、iPad Proを導入したこともあるので、iPadでの制作環境をもう一回トライしてみようかと「‎BeatMaker 3」とか、その辺りで推奨に出てくる制作アプリをいくつか導入。

「BeatMaker 3」は非常によくできてますね。

MPC的な部分、DAW的なディープさ、ライブラリーもそこそこ使えるものがありつつ、書き出してMacで作業の続きもできるし、なかなかの完成度じゃないでしょうか。

でも、この作業をBluetoothイヤホンでやっていたら、レイテンシーが我慢できないレベルで。

なので、有線ヘッドフォンをつなげようとしたところ、iPad Pro 2018には3.5mmオーディオ出力がないんですね。

今更の話なんですが、この前気がつきました。とほほ。

ということで、「Apple USB-C 3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ」をゲット。


しかし、これまたApple製ケーブルなんで、ケーブル部分が華奢。

レイテンシーは無くなったけど、すぐに断線してしまいそうで、いまいち心の安定が得られません。

USB-Cハブ追加するかあ、、、。



レディー・ガガに寄付お願いされたApple CEOの寄付額がやばすぎてガガも思わず… – フロントロウ -海外セレブ情報を発信

Tim Cook CEOが、なんと11億円を寄付。

Appleを通して、ということなのですが、まさか個人の資産からじゃないですよね。

もし、彼の資産からだったら、本当にすごい話ですね。

いくらミリオネアだといってもなあ。

ちなみにCook氏の2018年の年収については「米アップルのクックCEO、年収17億円 2年連続で昇給:AFPBB News」という記事があり、Wikipediaには2017年時点の総資産は6億2500万ドルとあります。

本当に個人資産からかもしれないなあ、、、。



「【レビュー】Switchや動画に使える! 19,800円のUSB-Cモバイルディスプレイで仕事も遊びも – AV Watch

旅が多い人にはモバイルディスプレイが便利。

もちろん、iPad Proではサイドカー機能が使えるのですが、MacBook Proからは外部モニターに繋いで、さらにサイドカーでiPad Proをサブディスプレイにしたところ、ちょっともたつきが気になりまして、以後使ってません。

どっちかだけだったら問題ないんですけどね。

この辺は使ってみなきゃわからない部分なので仕方ない。

なので、安価なUSB-Cモバイルディスプレイが気になってきているところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。