iPhone 14 Proラインに採用されるかもなピル型パンチホールのモックアップ

iPhone 14のProラインにはノッチではなく、パンチホールのディスプレイになる、という話がありつつ、それはピル(カプセル錠剤)タイプの横長のパンチホールだ、という話も出てきているのですが、それを元にしたモックアップがこちら。


ノッチタイプよりも、ブラックアウト領域は小さいですが、それなりに存在感ありますね。

この奥にFace ID、カメラ、センサーが組み込まれるわけですから、それでもかなり小さくなって入るんだろうけど、使う側としては常に黒い穴があるのは、やや気になるかも。

来年のiPhone 15では、AppleはFace IDと関連するセンサーをディスプレイの下に配置しようとしているため、ノッチや切り欠きは一切なくなるかもしれません。でもまたそれも予定なので、うまくいかなければ延期される可能性もあります。

個人的には、気になるっていえば気になるけど、別に今のノッチデザインでもいーや、っていうくらいで購買欲には影響しない。けど、画面を見ただけで「あ、14のProですね」っていうくらいの判別材料にはなりそうなのと、なんか画面新しくなった感が数ヶ月は楽しめるとは思うので、あーいいですね的なウェルカム感はあります。なんだそれ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA