Strategy Analytics:2019Q3のスマートウォッチ市場は前年比42%増加〜Apple Watchは出荷台数のほぼ半数を占める

Strategy Analyticsが、グローバルのスマートウォッチ市場が前年比42%増加で引き続き拡大しており、2019Q3には1400万ユニットが出荷されたというマーケットリサーチを公開しています。

Apple Watchは、グローバルのスマートウォッチ市場のシェア一位で48%。
2位はSamsungで13.4%、3位はFitbitで11.3%。

2018年からの動きを見ると、Appleは2.9%の微増。
Samsungは2.4%の微増。
Fitbitは3.7%減少しており、そのほかのベンダーも全体で1.5%下げています。

Fitbitは、先日報じられているようにGoogleによる買収が決定し、2020年にもGoogle傘下になります。>「Pebble買収の3年後、FitbitがGoogleによる買収をアナウンス

現在のマーケットシェアを見ると、Fitbitは強力な競合の中でも善戦していますが、AppleやSamsungに追いつくための製品開発で常にプレッシャーがあることは想像に難くなく、買収案件はマーケットに残るための資金の調達という面でも妥当な判断と言えそうです。

今後、GoogleがFitbitをどう扱っていくのかという選択肢の中では、マーケットシェア3位のFitbitブランドを残したまま製品開発をする、Googleブランドのスマートウォッチを開発する、あるいは、Wear OSプラットフォームの強化を行いプラットフォームビジネスに注力する、という選択肢がありそうですが、このうちのいくつかを組み合わせることも考えられます。

引き続き、スマートウォッチ市場におけるGoogleの戦略が注目されそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA