iPhone 7 Plusケースを「Spigen ウォレットS」にしてみました。

たまにはブログっぽいレビューを書いてみました。

なぜか手帳型を好んで使ってまして,そして,なんだかケースを変えるタイミングがきたようで,「Spigen ウォレットS」にチェンジ。




前は「Fyy」でした。




iPhoneを固定するケース部分の作りが甘かったりするのですが,デザインが好きな部類で,1,000円ケースなのにそこそこ満足度が高かったです。

ですがしかし,満足度は高かったものの,素材の耐久度が無いようで,三ヶ月使うとマグネットクロージャーの端が破れたり,糸がほつれたりしてきました。
まあ,1,000円ケースとしては十分役目を果たしてくれました。ありがとう。




で,今回はSpigenの「ウォレットS」。
このケース,今はバレンタインセールで「一つ買うともう一個無料」の対象になっていて,一つ分の価格(2,850円)で2カラー購入する事が出来ます。なんか,凄いデスよね。



価格的なお得感と,そこそこのSpigenの評判の良さに誘われたわけですが,製品自体,しっかりした作りで,邪魔になるようなデザインも無く,すっきりとした好感度の高いケースでした。
厚みが増えるかなーと思ったのですが,「Fyy」のケースとほぼ一緒で,まあ,手に持つとちょっと厚くなったかなくらいです。



合皮なのですが,割としっかりした強度があって,スタンドとして折り曲げると,最初のうちは抵抗感を感じます。





ちょっと癖を付けて上げると大丈夫です。
あと,マグネットクロージャーは背面にも固定出来ます。





iPhoneを固定するポリカーボネート素材のハードケースもしっかりした強度で,外観の合皮レザーとともにiPhoneをしっかり守ってくれる感があります。
中華製にあるようなボタン部分の作りの甘さなどもありません。





割と大きめのマグネットクロージャーということもあるので,内側ポケットにクレジットカードを入れる場合には,iPhone側に磁気部分がくるように挿入するように注意する必要があります。
ボクはクレジットカード以外のレシートとか駐車券を入れる用途に使っています。


手帳型ケースをお好みの方には良い選択の一つだと思います。



タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA