ジャパンディスプレイ,曲面ディスプレイ「FULL ACTIVETM FLEX」をアナウンス。Appleは次世代iPhoneへの採用検討か。

ジャパンディスプレイが,プラスチック基板を用いた5.5型フルHDの液晶ディスプレイ「FULL ACTIVETM FLEX」を開発したことをアナウンスしています。


スマートフォン向け “FULL ACTIVETM FLEX” を開発



「FULL ACTIVETM FLEX」は,プラスチック基板を採用した5.5型フルHD(1080(横)×1920(縦)画素)の液晶ディスプレイ です。

TFTを形成する基板を従来のガラスに変えてプラスチックを用いることで超薄型化構造を実現すると同時に,その柔軟性を活かして曲面形状を容易に形成することができる液晶ディスプレイです。


なお,WSJは1/25付けの「Japan Display Joins Flexible-Screen Battle With Bendier LCD」で,Appleがジャパンディスプレイの次世代フレキシブルLCD技術を将来のiPhone製品に採用することを検討しているようだと伝えています。

タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA