KGI予想:2018年iPhoneは3ラインナップ。新しい6.5インチOLED、安価な6.1インチLCDが追加され、全てFace ID対応に。

9to5macが、KGIのMing-Chi Kuo氏は、来年2018年のiPhoneに6.5インチのOLEDモデルが加わるとみていることを伝えています。


KGI: Apple adding 6.5-inch OLED and 6.1-inch LCD bezel-less iPhone to lineup in 2018

KGI Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏は、2018年のiPhone製品の現時点での予測を行なっています。

それによると、来年のiPhone製品ラインナップは、今年発売された「iPhone X」のアップデートモデルの5.8インチのOLED搭載モデルの他、Plusサイズの「iPhone X」ともいうべき、6.5インチのOLED搭載モデルと、TFT-LCDの6.1インチモデルの3ラインナップとなるとしています。

外観のデザインは、現行のTrueDepthカメラシステムとフルスクリーン・デザインを踏襲。
来年のiPhoneセールスは、本格的な買い替えサイクルになると見ており、下半期の予想出荷台数を1.2億ユニット(2017年は8000万台)と設定しています。

これは、今年起こっていたパーツ製造の歩留まりが悪い問題が解消していく兆しを見せていることだけでなく、新しいミッドクラスの製品が新しい機能を、より安価な価格で提供することが理由となっています。

現在の「iPhone X」は999ドル(日本では税別112,800円から)となっていますが、2018年のTFT-LCDの6.1インチモデルは649〜749ドル程度に収まると考えられています。


タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA