Other Interests(2016-10-21)

  • LOUIS VUITTONのiPhoneケースですが,前にiPhone 6 Plus用フォリオケースも発売しているので,いずれ,iPhone 7 Plus用も出るのかなと思っております。

    iPhone 7用は画像が外側しか無いけど,前のモデルは開いた状態の写真もあって,iPhone 7用も同じ固定方法なのかなと思っています。





  • Nitendo Switch,ティーザー動画が公開。



    【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)

    家にいるときには大画面TVで遊べて,外ではポータブルゲームとして遊べる。

    5年前に発売していたら,すごく欲しくなったかも…。

    動画で思ったのですが,そこが景色の良い場所であろうと,犬と一緒に過ごしている時間であろうと,誰かと過ごしている時間であろうと,結局どこにいてもモニター見てゲームする事を提案しているわけで,今もiPhoneではそんな感じで,それをさらに強化する事はあまりしたくないかなと思ってしまいました。

    iPhoneは携帯電話でもあるし,自分の持ち物から外すことは,今の所,考えられないけどゲームは必ずしもそうでは無いですしね..。

    とはいえ,このゲームコンソールでしか遊べない魅力的なタイトルがあって,それを家でも,移動中でも楽しめるというのであれば,それはそれで選択肢としてはあっていいなと思います。要はコンテンツか…。


  • アップル、Eインク採用のキーボードをMacBook用に開発中、絵文字表示も

    Appleはいろんな技術を試すし,試していく過程で良い製品にならないようであれば,(Appleカーのように)縮小したり,キャンセルしたりするので,まあ,こんな方向も模索しているというくらいの感じで受け止めるのがいいんだろうなと思います。


  • アップルはなぜ自動車事業を縮小したのか?

    Apple Watchが驚くくらい成功して,それまでの腕時計メーカーが困るくらいのレベルであれば,Apple Carも進行していたのかも。


    考えてみれば,iPhoneの場合には発売時の市場はブルーオーシャンで,Palm, Incなどの競合相手はいたけど,スマートフォンの利便性を最大限に生かしている状態では無く,もたついていた状況でしたからね。

    iPodの場合も,ポータブルオーディオ市場を先行して独占していたソニーがいたけれども,この時にも,いろいろなしがらみでコンテンツを充分に生かし切れず,中途半端な使い勝手の製品に消費者がストレスを感じていた状況であったように思います。

    いずれの場合にも,商品開発や協力する企業との交渉にSteve Jobsが思いっきり関わっていたことも大きい。


    Apple Watchの場合,100年以上も続く老舗メーカーがいる市場で,顧客はそれまでの製品にストレスを感じているわけでは無く,スマートウォッチ自体は新しいテクノロジーで,新しい使い方を提案する面白そうなものであるものの,実質1日しか使えないのであれば,わざわざダウングレードする必要も無いかなと思う人は,それなりに多いようにも思います。


    で,自動車ですが,こちらも歴史も長くて,現代ではメーカーそれぞれが製造面での効率アップを目指すのと平行して新しい技術の開発を行い,洗練されたデザインを競いながらサバイバルしているという,まさにレッドオーシャンな市場。

    環境面,安全面でもハイレベルなハードルをクリアする必要もあるし,何か問題があれば大きな訴訟に繋がる。命を預ける高額商品なだけに,パソコンやスマートフォンとはレベルの違うリスクもある。

    そこにこれから参入するのは,確かなバックグラウンドと,とてもとても大きな投資が必要だと思うんですよね。


    そして,腕時計も車もデザインが大事。

    寿命が短くても許されるMac製品やiPhone製品でのジョナサン・アイブのデザインは素晴らしいし,Appleのチャレンジする精神は好きなんだけど,腕時計や自動車の場合には,かなり新しい方向性を開拓しないと難しいと思うんだよなあ。

    そういう意味でも,今の所,自動車プロジェクトは縮小で正解だろうなと思います。



  • ひとまず。
    タグ:
  • コメントを追加する

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA