アナリスト、ARMベースの最初の製品はMacBook Pro 13.3インチ。次にMacBook Air、16インチ、14.1インチとのロードマップを予想

MacRumorsなどが、TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏の最新レポートを伝えています。


3月の予想では、Appleが設計したARMベースのチップを搭載した最初のMac製品はMacBook Pro 13.3インチになり、発売は2020年末、あるいは、2021年はじめとされていました。

最新のリサーチノートでは、MacBook Pro 13.3インチは今年の第四四半期に大量生産が開始になり、さらにARMベースのMacBook Airが同四半期か来年の第1四半期に発売されると予測しています。

また、mini-LEDディスプレイを搭載した16インチのMacBook Proと14.1インチのMacBook Proを発売するつもりだと考えており、これらは2021年の第2四半期か第3四半期に発売される可能性が高く、どちらの製品も”全く新しいフォームファクターデザイン”を採用しているとしています。

なお、以前に予測していたARMベースのiMac製品については触れていませんが、Apple SiliconではなくIntelベースで新デザインのiMacについての噂も出てきています。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA