シザー構造キーボードを搭載した新型13インチ MacBook Proは2020年前半に発売予定

DIGITIMESが、シザー構造キーボードを搭載した新型13インチ MacBook Proが2020年前半に発売予定と伝えています。

これは市場関係者からの情報となっています。(詳細は有料記事)

先日発売された16インチMacBook Proに搭載された、新しいシザー構造キーボードは、以前に発売されていたiMac用のMagic Keyboardの技術をベースにしたもので、バタフライキーボード後期仕様で追加されていた埃の流入を防止するメンブレン(薄膜)が無いことがiFixitのティアダウンレポート「MacBook Pro 16″ 2019 Teardown」で判明しています。

埃の侵入を防ぐメンブレンが無いことは、バタフライキーボードで起こっていた埃の侵入によるキーボード入力の不具合が構造的に起こりにくいもののためと考えられるため、ポジティブな印象となっています。

なお、TF International SecuritiesのMing-Chi Kuo氏は、今年7月に来年2020年以降はMacBook Pro、MacBook Airのキーボードが新しいシザー構造キーボードを搭載するという予測を伝えています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA