Apple,iPhoneの耐久テストの様子をメディアに公開

The Vergeなどが,Appleが新製品を開発するとき,その耐久性を調べることに使用する耐久性テストの機械やその様子を伝えています。

Inside the building where Apple tortures the iPhone 6



製品の耐久テスト現場は,クパチーノのApple本社から数ブロック離れた場所にある,なんの変哲も無いビルの一室で,落下,圧力,曲げる,タップなどのテストが行われているそうです。


Appleのワールドワイド・マーケティングSV Phil Schiller氏は,「私たちは製品を,リアルワールドで実際に使用される際に信じられないほど確実なものになるようにデザインしている。」「デザインするにあたって,ヘビーに検証され,実際に使用される際の力や圧力を与えると,どのようになるのかを検証している。そして,それを計測し,立証し,仕様が決められている。」と話しています。

Appleが今日発表したステイトメントと,これらのテスト設備によると,iPhone 6はタフな構造になっているとされています。

iPhone 6には,Appleが独自に製造したスペシャル・ブレンドのアルミニウムと,イオン強化グラス,そして,内部にはストレス・ポイントとなる可能性のある場所を強化するためにスチール/チタニウムのインサートが使用されているそうです。

また,iPhone 6は100種類以上のテストが行われており,これにはAppleの従業員(何千人)が発売前にポケットに入れてテストも含まれています。


この記事の中では,このあと,iPhoneやiPadを固定し,一点に力をかけるテスト,iPhoneをひねるテスト,iPhoneの中央ディスプレイ部分に力を加えてテストを行っている写真が数多く掲載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。