Apple Support:バイクにiPhoneを取り付けるとカメラ機能に破損の恐れあり。取り付け時は防振マウント推奨となってます。

Apple Supportに「Exposure to vibrations, like those generated by high-powered motorcycle engines, might impact iPhone cameras」が掲載。

簡単にいうと、バイクにiPhoneを取り付ける場合にはご注意をとの内容です。

black android smartphone on car steering wheel

iPhoneには一部のモデルにカメラ機能を強化する「光学式手ブレ補正機能(OIS)」「クローズドループAF」が搭載されています。

「光学式手ブレ補正機能(OIS)」はカメラが動いたことをジャイロスコープが感知し、ジャイロスコープの角度に応じてレンズが動くことで、画像の揺れやそれに伴うブレを軽減するという仕組み。

「クローズドループAF」は磁気センサーを利用して、重力や振動の影響を受けずに、静止画、動画、パノラマ写真のピントをシャープに保つことができる機能。

「光学式手ブレ補正機能(OIS)」「クローズドループAF」どちらも耐久性を重視して設計されていますが、他の製品同様に特定の周波数範囲の高振幅の振動に長時間直接さらされると、これらのシステムの性能が低下し、写真や動画の画質が低下することがあるとしています。

このため、高出力または大容量エンジンのモーターサイクルにiPhoneを装着することは、エンジンが発生する特定の周波数帯の振動の振幅が大きいため推奨されません

また、原付やスクーターなどの小出力・電動のエンジンを搭載した車両の場合、比較的振動の振幅が小さくなることがありますが、その場合でも、iPhoneやOIS・AFシステムの破損のリスクを軽減するために、防振マウントを使用し、破損のリスクをさらに低減するため、長時間の使用は避けることが推奨されています。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA