Apple Watch Series 8:外観に変更なし、新しいセンサーも見当たらない、チタニウムが見送り

さて、今度はApple Watch Series 8のリーク。

Apple Watch Series 8のリーク情報
注:この情報は、ベースとなるSeries 8についてのみです。上位モデルの情報はありません。

デザイン:悲しいかな、シリーズ7と同じで、デザインの改良はありません。
ベースはもうチタンがありません。
アルミニウム:ミッドナイト、スターライト、プロダクトレッド、シルバー
ステンレススチール:シルバー、グラファイト
ソースは、悲しいことに視覚的に新しいセンサーに気づいていない

箱のシールが新しくなり、接着剤も強くなったので、箱を再封印しようとすると箱に傷がつく。
量産開始は8月下旬とのことなので、幸いにも遅れることはないだろう。

この話はApple Watch 8のスタンダードラインということですかね。

外観デザインは変更なしなので、新しいSeries 8が出ても、Series 7との違いはパッと見ではわからないかも。

なんらかの新しいセンサーがあるかどうかも、外観上はわからないようです。

「熱があるよ」程度の体温測定も無いの、、、?

チタニウムが無くなったのは、やっぱりコストですかね。

ということで、高耐久のエディション?モデルを狙う人は待ちですが、スタンダードモデル狙いの人は、もしかしたら、Series 7でもいいのかもしれませんね。

これはエディションなのかな、、、

エディション、高くなるのかなあ、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA