DropboxがようやくApple Siliconネイティブバージョンを今年前半リリース(遅)

それなりにMacユーザーもいるはずのDropbox。

今年前半には、ようやくApple Siliconネイティブになります。


オンラインストレージとしては、かなり早い時期(2008年にサービス開始)に登場したDropbox。

Windows, macOS, Linuxのマルチプラットフォーム対応で、僕の周りでもほぼ9割くらいのMacユーザーが利用しているようにも思うのですが、今のところ、Apple Siliconネイティブ対応は行われておらず、それなりにバッテリーを消耗するRosetta経由での動作に止まっています。

以前からユーザーのリクエストが出ていたのですが、Dropboxが「今年2022年前半にネイティブバージョンをリリース予定」とレスポンスがあったとのこと。

Twitterでの反応としては「とても小さいことだし遅すぎ」「もう別のサービスに乗り換えた」などの意見もありますが、待っていた方には朗報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA