FaceIDとTouchID?ノッチあり?30周年アニバーサリーになる新型MacBook Proの噂で新画像

The Macntosh PowerBookラインナップが発表されたのは30年前の1991年の10月21日。

最初のPowerBookのスペックはこんな感じ。


今となっては、RAM2MB、HDD20MBって、考えられないくらい小さなサイズですが、当時はもちろん画期的なものでした。日本での価格は358,000円から。

Powerbook 100 pose.jpg
image via:PowerBook – Wikipedia

そして、来週の「Unleashed.」イベントで発表されるはずの新型MacBook Proには、Apple Siliconの第二世代M1Xが満を辞して搭載。

今年のMacBook Proはラインナップ登場から30周年目のキーストーンになるのは確実かなとも期待しています。

これまで出てきた噂はこちらでまとめましたが、中国の微博では10/16に以下のような画像とともに、FaceIDとTouchIDの両方が搭載されるかも、ノッチがあるのかどうか、などが書き込みされています。


↑は思いっきり、ドラえもんが貼られている画像なので、投稿画像だけ。詳細はリンク先でどうぞ。
そして、これらの噂を元に作られたコンセプトがこちら。


image via:9to5Mac

書き込みは希望的予測も含まれているものなので、全てが事実とは考えられませんが、「Unleashed.」イベントに向けて、もう一つ楽しみが増えたカモです。

問題は「Intel版よりも高くなる」と言われている価格かな、、、。



Source:微博


M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA