OLED iPad Proは2024年に第一世代、同時にその次のOLED iPad向けの8.5世代OLEDディスプレイも量産開始するとか

OLEDディスプレイ搭載のiPadの最初のモデルは、2024年に11インチ/12.9インチが発売。

Samsung Displayは、その次のモデルへの搭載を目指す、8.5世代OLEDディスプレイも2024年に量産するようです。via The Elec

image via LG Display

これは韓国のディスプレイサプライヤーからの情報が元のようで、Samsung Displayは、日本のUlvacが供給するGen 8.5 OLED蒸着装置について価格交渉を開始。

Gen8.5(2200x2500mm)基板用蒸着装置はフルカット基板を使用して、有機材料を垂直に蒸着するもので、タブレットやパソコンなど向けの有機ELパネルの生産能力を拡大することができます。

条件が折り合い、来月までに計画が承認されれば、設備の発注は年内か来年早々となる見込み。

また、韓国のパネルメーカーはUlvacの蒸着装置が意図通りに動作しなかった場合のリスクヘッジとして、日本のキヤノントッキと有機材料を水平に成膜する8.5世代ハーフカット装置を開発するとのこと。

Samsung Displayは、Appleの第2世代有機EL iPadを目指し、2024年後半に8.5世代有機ELパネルを量産できるようになりそうだ。

同社はLG Displayとともに、既存の第6世代OLEDラインを使って、2024年に発売されるAppleの第1世代iPad向けの11インチと12.9インチのOLEDパネルの最初のロットを作る計画である。

”なんとか世代”という表現が多くて分かりにくいけど、要はOLED iPadの第一世代(2024年発売見込み?)には第6世代OLEDパネルを提供し、その次の第二世代のOLED iPad(早くて2025年あたり?)に搭載されることを目指して、8.5世代のOLEDパネルを作るための蒸着装置を日本のメーカーと開発しているということみたいですね。

iPad Proの買い替えはいつにするか、、、。今年末のM2搭載(噂レベル)を導入して、2023年はパスして、2024年のOLEDモデル第一世代、ということになるかなあ。

ていうか、Appleは本当にminiLEDをすっぱり諦めて、OLEDに変えるんでしょうかね、、。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA