iPhone 13 Pro Maxでは26Wで充電可能。30W PD充電器で87分で満充電になったというテスト結果あり。

ただ、バッテリー残量30W PD充電器という条件が揃えば、という話です。

過去いくつかのリークを出している@duanrui1205氏が、iPhone 13 Pro Maxは30W PD充電器との組み合わせで、26Wで充電することができ、86分で満充電にすることができたという測定結果をツイート。


1枚目の中国語の内容は以下になります。

iPhone 13シリーズの充電性能について
iPhone 13 mini 20W PDは15W+ 100%まで充電して87分を計測
iPhone 13 20W PDは、19W+ 89分で100%まで充電されたと測定されました
iPhone 13 30W PDの測定値は約21W、100%までの充電時間は89分、初期段階では約20W 2%のパワーギャップがあります。
と、その後の約0.7Wへの低下(ほとんどの携帯電話はトリクル充電の電力を終了します)、Appleは実際には完全に充電されておらず、約0.7Wで充電を続け、最終的に合計18分のトリクル充電を行いました。107分で満タン。
13Pro Max 30W PDは26W以上を計測、ピーク電力を27分維持、86分で100%表示、トリクルは25分で約0.8W。私は前に終わったと思ったので、記録を止めました、そして、後でもう一度テストします、つまり、13Pro Maxは少なくとも30分のトリクル充電時間があります。
このような長いUI充電は、iPhoneが完全に充電された後、100%のパワーは非常に耐久性があるということです。
最終的なお勧めです。13mini 18W PDヘッド;13 20W PDヘッド、または25W(あまり改善されていない);13Proマックス直接30W PDヘッド、安定した26W +することができ、認識は非常に明白である

ChargerLAB社が実施したテストでは、iPhone 13 Pro Maxは、適切な充電アダプターに接続することで、最大27Wで充電可能。これまでの充電速度の上限は約22ワットでした。

ただし、iPhone 13 Pro Maxについても、継続的に27Wの電力を受け続けるわけではなく、DuanRui氏が行ったテストによると27Wを維持できるのは約27分間とのことです。
このテストでは満充電までに86分となっています。

様々なサイトなどで行われたテストでは、27Wの充電はバッテリーの容量が約10%以上になったときにのみ作動するようで、バッテリー残量が40%以上の場合は23W程度で充電されるという話も出ています。

DuanRui氏によると、ベースモデルのiPhone 13 Proの上限は20Wであるため、より高速な充電はiPhone 13 Pro Maxモデルに限られるとの見方。

なお、MagSafeやQiワイヤレス充電の場合にはここまでの高速充電はできず、最大でも15Wの充電にしか対応していません。また、9V、3アンペアの充電に対応した電源アダプタも必要です。

最新の30W以上のPD充電器であれば、より高速な充電が可能です。

M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA