韓国のディスプレイメーカーが12.9インチと11インチサイズの有機ELパネルを開発しているとの話

OLEDパネル採用のiPadは2024年という話です。

LGディスプレイとSamsung Displayが、12.9インチと11インチのモデル用の有機ELパネルを開発しているという話を、韓国電子産業メディアのTheElecが伝えています。

2024年発売予定のiPadはOLEDになるかも?

LG Displayは、12.9インチと11インチのモデルを開発。このうち、12.9インチモデルは同社が独占的に開発し、11インチモデルについては、Samsung Displayが独自に開発を進めているとのこと。

Appleは、iPadに採用する有機ELパネルは2スタック・タンデム構造で、低温ポリシリコン酸化物(LTPO)薄膜トランジスタ(TFT)を適用することを計画している。最初のiPadは、2024年に発売されると予想されています。

2層タンデム型の有機ELパネルは、発光層が1層ではなく、2層になっていて、輝度が2倍、寿命が4倍になります。

LTPO TFTは120Hzの可変リフレッシュレートが可能です。

LG Displayは、Samsung Displayよりも2スタックタンデム構造の有機ELパネルの製造経験が豊富です。

Samsung Displayは、独自の2スタック・タンデム構造技術の開発を始めたばかりで、このため「Tシリーズ」と呼ばれる材料セットを開発中。

しかし、Samsung Displayは、iPad向けの有機EL専用生産ラインの構築に積極的に取り組み、LG Displayを圧倒することを決断する可能性もあり、どちらの企業がAppleからのパネル受注をより多く獲得できるかは未知数とされています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA