Retinaディスプレイの新型MacBook Air 2018の製造スケジュールが延期。出荷は第三四半期になる可能性。

DIGITIMESが、新型MacBook Airの生産を2018年後半まで延期したという話を伝えています。

これは新型MacBook Airの製造を行う、サプライチェーン筋からの情報です。
それによると、Appleは、当初、新型MacBook Airの製造を2018年第二四半期に開始するはずだったが、これが2018年後半までは製造しないと伝えています。
このリスケジュールの理由は説明されていないものの、パートナーの中にはプロセッサーのようなコアパーツの製造が難しいのではないかと推測している向きもあります。

新しいMacBook Airは、スリムデザインにRetina高解像度スクリーン、Intelの最新ノートブック用プロセッサーが搭載され、一番廉価なラインナップの予想価格は899〜999ドル、または799ドルに設定され、2018年のMacBookの販売数を10%押し上げると予測されていました。

このリスケジューリングのため、この新型MacBook Airの発売は2018年第三四半期になる可能性があります。



2件のフィードバック

  1. th より:

    air を延命するのか?MacBook のエントリモデル、って気がしますが。あるいはSDカードとかの拡張性を重視しているユーザが多いとかですかね?

  2. mh より:

    ちょっと前にMacBookの新型という話も出ていましたよね。どちらになるのかなあ。
    実のところ、MacBook Airのキーボードの方が打ちやすかったりするんですよねえ。
    Air新型だったら、いいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。