今日は新しいHomePod(第二世代)発表。温度湿度計、Matter対応、Dolby Atmosなど。

今度は新しいHomePod(第二世代)が発売。

44,800円で2/3発売。必要な人はApple Care+(6,400円)もありますよ。いや、いらないと思うけどw。


第一世代よりも高さが約4mm小さくなり、幅は同じ、重量は200グラム軽くなっていますが、ほとんど見た目は一緒です。

変わったのは:

・S7プロセッサー(第一世代はA8)
・温度湿度計、システムセンサーが追加
・802.11n(第一世代は802.11ac)
・5つのホーンツイーターのアレイ(第一世代は7つ)
・Siriに対応する4つのマイク(第一世代は6つ)
・新しいスマートホームの接続規格であるMatter対応
・Apple TV 4Kと組み合わせるとDolby Atmos再生できる

といったところ。


ツイーターもマイクも数が減ってるなーというのはありますが、Apple的には実用上問題ない、ということなのかもです。


もちろん、2つ買えばステレオペアにもできます。空間オーディオを存分に楽しめそうです。

第二世代の大きな売りは「温度湿度計」「Matter対応」かなと思います。

Siri経由で、温度や湿度を尋ねたり、温度湿度をトリガーにしてMatter対応のスマートホーム機器をオンオフしたりということが可能になると思います。


ただ、HomePod miniを持っている方は買い替える必要はなさそうです(空間オーディオや、より高音質な音楽再生を求めなければ)。

HomePod miniには、すでに温湿度計があることがレポートされていたので、それがアクティブになる日が来たということになります。

おそらく使えるようになるのはソフトウェア・バージョン16.3からで、こちらは1/27までにリリース予定


また、Wi-Fiが802.11ac(Wi-Fi5)から、802.11n(Wi-Fi4)になっているのですが、同じ方向性のAirPlay 2対応のスマートスピーカー「Sonos One」も802.11nなので、スマートスピーカーとしてはWi-Fi仕様はそこまでハイスペックでなくとも良いということかと思います。

なんだか、Sonos One、安くなってますね。

SonosはAlexaです。

こちらも新モデルなのかな、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA