8.4インチディスプレイを搭載したゲーミングウルトラモバイルPC「ONEXPLAYER」が今夏国内で発売

株式会社テックワンが、Intel Core i7-1185G7と8.4インチディスプレイを搭載したゲーミングウルトラモバイルPC「ONEXPLAYER」の日本語ティーザーサイトを公開。国内発売予定は今夏となっています。

ONEXPLAYER」は、第11世代のIntel Core i7-1185G7(ターボブースト利用時の 最大周波数4.8GHz、4コア 8スレッド、12MB L3キャッシュ​)、最大2TBのストレージ、8.4インチディスプレイの左右にはアナログスティックを備えるゲームパッドタイプのウルトラモバイルPC。

背面にはキックスタンドがあり、専用カバーキーボード(別売)を組み合わせることで、オンラインゲームでのチャットや高性能モバイルPCとして文章の作成なども行うことができます。


8.4インチディスプレイは解像度2560 x 1600のFHD、358PPI。
10点のマルチタッチ対応にもなっています。

Intel CoreベースのPCとしては熱問題も気になりますが、鋼管パイプと冷却ファンがそれぞれ2つあり、吸気口と排出口までエアフロー設計が行われていて、GPUは杖に70度いかに保たれるとのこと。

主要ゲームのFPSスコアは以下のようになっています。


上部のコネクタにはUSB4.0ポートが2つ、USB-A3.0ポート、microSDカドースロット、3.5mmイヤホンジャックがあります。

USB4.0は40Gbpsの伝達速度に対応しているため、4Kディスプレイに接続したり、外付けGPUをつないでハイフレームレートでの映像出力も可能となっています。


主なラインナップは以下の三種類。


価格設定が明らかになっていませんが、スペックを見る限り、持ち運びできるゲーミングPCとして期待できそうです。

なお、開発メーカーのOne-Netbook Technologyは、5/10からONEXPLAYERのクラウドファンディングを開始予定。

こちらは日本市場向けではありませんが、なるべく早く安く手に入れたい場合には選択肢になりそうです。

ONEXPLAYER




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA