Other Interests(ヴィトンのスマートウォッチ/Apple決算Q1/児童相談所)

ルイ・ヴィトンのスマートウォッチ

うお、ルイ・ヴィトンのスマートウォッチ「コネクテッド ウォッチ タンブール ホライゾン V2 モノグラム・エクリプス」「コネクテッド ウォッチ タンブール ホライゾン V2 マットブラック」「コネクテッド ウォッチ タンブール ホライゾン V2 ホワイトセラミック」なんていうのが販売される時代になったんですね。


1.2’’インチフルラウンドAMOLEDタッチスクリーン、解像度 390×390 (327 ppi)
30M防水、フル充電で平均約1日。

バッテリー残量が15% になると自動的に起動するバッテリーセーバーモードに移行して、さらに約5日使用可能。

Wear OS by Googleベースなので、基本機能はFossilとかDIESELとかのスマートウォッチと、そんなに変わらないかと。


まあ、お値段はヴィトンらしく32.5万円からになっております。
高いけど、ヴィトンらしさは存分に発揮されてますね。

前にあった100万円のApple Watchよりも安いし、しっかりとヴィトンなので、それなりに売れるんだろうな。

ちなみに「現在在庫はございません」ステータスです。
これが発売前で未入荷だからなのか、すでに完売してしまったのかは不明です。

なお、FossilのスマートウォッチIPは先月にGoogleが買収した「Even with the Google/Fossil deal, Wear OS is doomed | Ars Technica」という話もあって、うまい具合に各メーカーが出してきつつあったスマートウォッチ製品が、今後も同じように続くかどうかは、ちょっと不透明な雲行きになってます。うーむ。



Apple、第1四半期の業績を発表 – Apple (日本)

iPhoneは売上高ベースで15%減少ですが、他の製品/サービスの売り上げは19%増加。

トータルで、前年同期比5%減少。

思ったよりも悪くなかったように思うけど、今年発売するiPhone/iPad/Mac製品がもっと大事になりそう。



小4女児死亡 母も逮捕 傷害容疑で野田署 暴行止めず共謀か | 千葉日報オンライン

こういう事件はどうすれば防げるんだろうなあ。
と考えたときに、きっと躾(しつけ)ってどうすればいいんだろうと悩んでいる人も世の中にはいるんだろうなということも思います。
第三者が「ひどいなー、自分だったら絶対しない」とか言ったって、あくまでも仮定の話であって、当事者じゃないからなあとも思います。

もちろん、DVであるとかご飯を与えない虐待であるとかはダメなんだけれど、親の方がいろんな意味で余裕がない状況で、徐々に度が過ぎてしまうこともあるのかもしれない。
今回の事件に当てはまるのかどうかはわからないのですが、自分の子供を最初から暴行するというのは考えにくくて、そこには段階があったように思うんですよね。
もしそんな家庭があるとしたら、その状況を進んで助けてあげることができる組織というか場所が必要なんだろうなと。

それは日本の中では児童相談所になるんだろうし、であれば、今以上に子供を抱える家庭へのサポートという部分を強化するというのが必要なんじゃないかなあと思います。
青山の児童相談所問題も長引いているみたいですが、児童相談所自体はもっと増やして、いろんな家庭や児童のケースをサポートできる態勢になってほしいです。
児童相談所の担当者の仕事に関しては「「人間のできる仕事の範囲を越えている」当事者が語る“児童相談所”の実態 – FNN.jpプライムオンライン」という話もあって、これでは問題を抱えた家庭に十分なサポートはできないだろうなと思います。

報道に関しても、「いやー、ひどい事件ですね、容疑者逮捕、こんな人でした」とかで終わりじゃなくて、親が困っている状況になかったかどうか、同じような家庭があるんじゃないか、児童相談所ができることを増やした方がいいんじゃないかとか、そういう議論ができるような方向になってほしいなと思います。



コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA