Other Interests(iMacならどれ買う考/NetflixはAppleサービスには統合しない/STADIA/日本の寛容さは92位)

iMacも出たし、Air Pods2も出た

連日のApple新製品ラッシュ。どーしちゃったんだろ。
ていうか、発表の仕方を変えてきた感あり。

iMac」の次は「AirPods」。


iMacを選ぶとしたら、21.5インチモデルが第8世代の3.0GHz 6コア Intel Core i5プロセッサ(164,800円税別)、27インチモデルだったら、Retina 5Kディスプレイ
3.0GHz 6コアプロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.1GHz) 1TBストレージ(198,800円税別)かなあ。

でも、今の時代、21.5インチサイズのディスプレイは窮屈なので、選ぶとしたら27インチになりますかね。

27インチモデルは、ミドルクラスが3.1GHz 6コアプロセッサですが、これはエントリークラスの3.0GHzとは0.1GHzしか違わない。

グラフィックカードもRadeon Pro 570XとRadeon Pro 575Xということで、もちろん性能が良い方に越したことはないけど、ハイエンドのグラフィック処理をゴリゴリ行う作業が必要なのであれば、ハイエンドのRadeon Pro 580Xかなと。
こっちだったら8GB GDDR5メモリだし。

書いていて思い出したんですが、前に24インチのiMac使ってたけど、持っていくのは結構大変だったんだよなあ。

売るときのことを考えると、21.5インチの方が楽でしょうね。


<
>

Netflix CEO: ‘We’ve chosen not to integrate’ with Apple’s new TV service – BGR


NetflixのReed Hastings CEOは、”We’ve chosen not to integrate into (Apple’s) service.”とコメント。

つまり、タイミング的にAppleのストリーミングビデオサービスの来週発表はほぼ確定で、ストリーミングビデオ・コンテンツを所有しているプロバイダーにはオファーが行われていたということですね。

NetflixがAppleに統合されない道を選んだのは、いい選択じゃないかなと思います。

4月に放映されるNetflixコンテンツは44タイトル。>「Netflix is releasing 44 new original shows and movies in April – here’s the full list – BGR

Netflixはストリーミングサービスで配信する制作会社、Appleはプラットフォームビジネスということになるのかな。
両方とも、それぞれの方向で進化してほしいなと思います。




Google新プラットフォーム“STADIA”発表詳細リポート。ハードを問わないストリーミングゲームサービス。将来的には8K120fpsも想定【GDC 2019】 – ファミ通.com
強敵グーグル参入でソニーや任天堂株下げる、自社株買いも終了 – Bloomberg

今でもゲームはスマートフォンで十分、という流れがあるけど、STADIAが来ると一気に進みそうな気がしますね。

いいタイトルが揃えば、YouTubeのように当たり前のようにみんなが遊ぶことも考えられますが、サーバーの負荷が想定内で収まるかどうかは実際にスタートしてみないとわからないかも。

ビジネスモデルがはっきりするまでは、ゲーム会社も開発しにくいだろうし、もう少し様子見ですかね。



日本の幸福度、過去最低の58位 「寛容さ」足引っ張る:朝日新聞デジタル


人生の選択の自由度が64位、寛容さが92位。

どちらも社会的な意識の改革が必要だから、すぐには変わらないだろうけど、なんとかしたいですね。
個人レベルで変えていけるのは、他人と自分に対しての寛容さをもっと意識することかな。。

根本から変えるのには政治とメディアなのかなと思いますが、ほとんどの場合、自分のところだけが正しい意見という姿勢で、戦うことしか考えてないようにも感じます。
こういうところも寛容さが必要なんだけども。。



コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA