Other Interests(Prada Superstar/DETOMASO/ドイツでもベーシックインカム)

Prada Superstar

PRADA FOR ADIDAS」にPrada Superstar追加。


3種類あるんですが、ブラックは遠目だとスニーカーに見えにくいのでスルーするとして、シルバーは一番新味ルック。さりげない方向ならホワイトでしょうか。


そういえば、この前、別の限定モデルのSuperstar買っちゃったんだよなあ。

ていうか、こっちは72,600円ですけどね。

Superstarとかって、元のAdidasのモデルでも十分に頑丈で耐久性高いのですが、それがさらにMade in Italy、Crafted by Pradaとなると、もう確実に一生物になりそうなので、逆にお買い得なのかも。




DETOMASOの先行予約第二弾

reddot award 2020受賞のドイツ腕時計ブランド「DETOMASOデトマソシリーズ」の先行予約販売第二弾が開始。

イタリアのレザー職人によるベルト、時計の製作はドイツ国内で行われいて、こだわりが感じられるデザインでありながらも、スタートプライスは33,843円からとカジュアルブランドの腕時計のプライスレンジというところがなかなか魅力的です。

各文字盤、限定100本。




ドイツでベーシックインカム実験始まる…3年間、毎月15万円を支給。イギリスなどでも議論がスタート | Business Insider Japan

国民のQOLを向上させるのに有効かもしれない方法があるのなら試すが吉。

ベーシックインカムについての是非は置いといて、こういう”以前には考えられなかった方法”がタブー視されることなく議論や実験が行われるという社会システムは健全だと思うんですよねえ。

ベーシックインカムに関しては、日本での大半の意見は「そんなことしたら誰も働かなくなる」ということだと思うんですけど、これって、そもそも論として、日本の仕事環境が過酷すぎて、ほとんどの人が苦行としか考えてないっていうことも言えるのではと。

となると、今の日本での仕事環境を変えるには、というところから変えていかないと実現しなさそうですけど、今年の新型コロナのように日本といえども変わらないといけないときには変われることがわかったので、ちょっと風向きが変わってくるかなという期待感も持っていたりします。



2件のフィードバック

  1. mizuno-ami より:

    ヘンテコな視点ですが、ダイレクトに配るベーシックインカムは、途中のコストがかからない、っていうメリットもあるんじゃないかと思えてきました。
    ここ最近の補助金事業、そのコスト面で考えると、下手な『中抜き』は無いほうが良いんじゃないかと(笑)
    もちろん、全面的に賛成でもないですが。

  2. M.Hirose より:

    色々意見があっていいと思っていて、途中のコストを無駄と考えるか、外注を経済を回す一環として考えるか、もありそうですね。
    ただ、大手商社が受注しちゃうのを見ると、やっぱり大手優遇ですかと思う反面、国の委託事業としては経験のない中小企業が受注したところで、小さな失敗一つで発注した国側が責められる可能性もあって、これも難しいのかなとも思ったりします。だったら、外注分無くして、全部ベーシックインカムに回す、、、。アリかもですよねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。