iPhone 14のProラインではノッチではなく、ホールディスプレイが搭載される(かも)

ソースは明らかになっていませんが、ディスプレイ製造メーカーに詳しい人物からのようです。

来年2022年のiPhone 14シリーズのProモデルには、初めてホールディスプレイが搭載されるという話が韓国のThe Elecから出ています。

LTPO有機EL搭載のiPhone 13 Pro

それによると、6.06インチの「iPhone Pro」と6.7インチの「iPhone Pro Max」モデルにはホールディスプレイが搭載

他の2つのモデル、通常の6.06インチのiPhoneと6.7インチのiPhone Maxモデルは、iPhone 13シリーズと同じようにノッチ仕様とのこと。

ホールディスプレイは、ノッチの代わりに自撮りカメラ用の小さな穴が上部に開いていて、全画面表示が可能

ただ、ホールディスプレイ技術でフルスクリーンでの没入感を提供するためには、穴の周囲のディスプレイ領域が他の領域との間で解像度と色を維持することが鍵となります。

iPhone 13 Proモデルに採用され、120Hzの可変リフレッシュレートを実現したLTPO有機ELはSamsung Displayが単独で供給していますが、iPhone 14 Pro向けにLG Displayも供給する予定。

そして、LGディスプレイは現在、独自のホールディスプレイ技術とアンダーディスプレイカメラ技術を開発するロードマップを持っていて、この計画が順調に進行して、Appleが承認すればiPhone 14 Pro向けに供給することになるかもしれません。

また、Samsung Displayもホールディスプレイパネルに使用されるレーザーシステムのために、レーザー機器メーカーのPhilopticsとディスプレイ生産用機器の供給契約を結んだことも明らかになっています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA