TrendForce:Appleがグローバルランキングで2位浮上。ミッドレンジの5Gスマートフォンとなる「iPhone SE 3」は第1四半期発売予定

今のところ、次のiPhone SE第3世代モデルは計画通り。となると、春くらいに発売されるかもです。

TrendForceが、今年の下半期のスマートフォン市場のレポートの中で、来年のiPhoneの発売スケジュールを伝えています。

こちらは現行のiPhone SE

それによると、Appleは第3世代の「iPhone SE」を22年第1四半期に、新シリーズの4機種を22年下期に発売する計画を維持しているとのこと。

第3世代のiPhone SEは、ミッドレンジの5Gスマートフォンとして期待されていて、2022年の生産台数は2,500万台から3,000万台と予測。

スマートフォン市場のレポートの概要としては、21年第3四半期のスマートフォン生産台数は約3億2,500万台。

Eコマースの販促活動のピークシーズンや、東南アジアなどの地域でのCOVID-19の流行が緩和されたことにより、需要の改善がみられるものの、4G SoC、ローエンドの5G SoC、ディスプレイ・パネル・ドライバーICなどのコンポーネントは大幅に不足していて、主要なスマートフォン・ブランドは下半期に向けてデバイスの生産量を増やすことができずにいます。

Appleについては好調で、21年第3四半期に発売したiPhone 13シリーズの新製品4モデルが貢献したことにより、当四半期のiPhoneの総生産台数は前四半期比22.6%増の5,150万台を達成。

この結果により、Appleはグローバルランキングでも2位に浮上

先週、中国市場の10月の販売シェアでAppleがトップになった話が出ていましたが、これを裏付けるものです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA