TSMC、新型iPhone用のA11チップを4月に製造開始

Digitimesが、TSMCは4月にもA11チップの製造を開始するという情報を伝えています。


TSMC to begin volume production of A11 chips in April, says paper

この情報は中国紙「Economic Daily News」のレポートがソースとなっています。

Taiwan Semiconductor Manufacturing Company (TSMC) が製造するA11チップは、2017年9月発売予定のiPhone用とみられ、高速かつ省電力性能を高めたトランジスタ構造の「FinFET」10nmプロセス、ウェイハーレベルでファンアウト統合パッケージング技術を採用しており、7月には5000万ユニットの製造ができるように準備しているそうです。

10nmチップの製造は2016Q4にスタートし、2017Q1にはMediaTekとHiSilicon Technologiesに出荷される見込みです。

TSMCでは、2017年中に1億ユニットのA11チップを出荷する予定とされています。


M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA