iFixit:iPhone 12 and 12 Proティアダウン〜バッテリーとディスプレイは交換しやすく(ただし、ガラス部分の落下破損には注意が必要なようです)

iFixitが、「iPhone 12 and 12 Pro Teardown – iFixit」を公開。

下の方ではボーナスコンテンツでMagSafeのティアダウンも公開。

ディスプレイは右側から開けるようになっていて、ディスプレイパーツを並べて俯瞰してみてもスタンダードの12と12 Proでは大きな違いが見られません。


もちろん、カメラ部分では12 Proの方には拡張カメラモジュールとLiDARセンサーがあり、スタンダード12にはプラスティックのスペーサーのみがあります。

スピーカーグリル周辺では(従来のiPhoneモデルで採用されていた)接着剤の代わりにオレンジカラーのゴム製ガスケットが使われていて、接着剤を使っていたiPhoneに比べて修理がしやすい構造。

スピーカーはバッテリー交換時に取り外す必要があるため、これはポジティブな変更といえます。

バッテリーには4つの極小タブがあり、容量はどちらも10.78Wh。


スタンダードの12と12 Proで内蔵バッテリーを入れ替えることも可能だったとしています。

メモリー容量はスタンダードの12が4GB、12 Proが6GB。

最終評価のリペアビリティスコアは6。


新しいiPhoneのデザインでは、ディスプレイとバッテリーの交換がしやすくなっていて、ほとんどの重要なコンポーネントはモジュール化されていて、アクセスや交換が容易に行えます。

ただし、標準的なフィリップスドライバーに加えて特別なドライバー(ペンタローブ、トライポイント、スタンドオフ)が必要になること、フロントとバックのガラスは落下破損の可能性が上がっていて、万が一、バックガラスが壊れた場合は、すべてのコンポーネントを削除し、シャーシ全体を交換することになるとしています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。