iPad、MacBookのHDI基板メーカーの生産キャパシティが満杯との報道

DIGITIMESが、台湾のPCB/HDI基板メーカー、Compeq Manufacturing社の2021年上半期の生産キャパシティが満杯になっていて、下半期には中国などでの生産拠点が整うものの、それまでは台湾、中国の恵州および重慶の各製造拠点で調整を行う程度にしか受注できないという話を伝えています。

black and white computer keyboard

Compeq Manufacturing社の説明によると、2021年の上半期は、中国の携帯電話メーカーへの安定した製造供給に加えて、AppleのiPadやMacBookの新シリーズ、その他のベンダーのハイエンドノートPC向けのHDIの大量出荷が予定されているそうです。

先週、「Apple Silicon搭載のMacBook Pro 14″/16″は、2021下半期に製造スケジュールが再調整された」という話も出ていましたが、これは生産キャパシティの問題である可能性も高そうです。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA