Kuo氏:Appleが力を入れているVR製品、まずは2022年にミックスド・リアリティ・ヘッドセットから

MacRumorsなどが、TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏のリサーチノートで触れられているAppleのARヘッドセットについて伝えています。

長い間、様々な噂情報が出ているARヘッドセットですが、Kuo氏が語るAppleのMR/AR製品ロードマップによると、来年2022年中盤にはヘルメットタイプのMixed Reality Headsetが発売され、2025年にはメガネタイプのAugmented Reality(AR) Headsetが発売されると予想しています。

また、この2モデルの後、2030年から2040年までにコンタクトレンズタイプが発売されると予想。

現在のAppleのミックスド・リアリティ・ヘッドセットのプロトタイプは200~300グラムの重さで、Appleが技術的な問題を解決できれば最終的な重さは100~200グラムに抑えられそうで、すでに発売されている他のメーカーのVRデバイスよりも大幅に軽量化されるだろうと述べています。

複雑なデザインのため、Kuo氏はこのヘッドセットの価格は、米国では “ハイエンドiPhone “の価格に並ぶ1,000ドル前後になると予想。

ヘッドセットにはソニーのMicro-OLEDディスプレイと複数の光学モジュールが搭載されていて、シースルーAR体験とVR体験を提供できるとしています。

また、ヘッドセットは独立したコンピューティングパワーとストレージを備えたポータブルなものになりそうですが、iPhoneのような真の意味でのモバイルではないと述べています。

技術が向上すれば、新しいヘルメット製品は機動性も高めて、既存のVR製品よりも格段に優れた没入感のある体験を提供できる可能性を秘めていると考えています。

Appleは、このVR体験をApple TV+やApple Arcadeなどと組み合わせて融合させるとみられています。

Appleの拡張現実メガネについては、Kuo氏は早ければ2025年の発売を予想しており、”まだプロトタイプはない “と考えています。

前述のコンタクトレンズタイプのモデルについては、Ming-Chi Kuo氏による将来的な予測の域を出ない話のようで、「見えるコンピューティング」の時代から「見えないコンピューティング」の時代へと導くものとして考えているようです。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA