Other Interests(iPhone修理完了/AirPods 2ティアダウン/AirPower開発中止/Apple Watchは癒し(らしい))

iPhone画面修理完了

iPhoneの画面粉々案件。
ディスプレイ交換で修理完了。


迷ったけど、iPhone の画面修理·画面交換 – Apple サポート 公式サイトから探して、Apple正規サービスプロバイダで修理しました。
税別で19,400円。

AppleCare+の保証期間内だったら、3,400円なのですが、あいにく期間は過ぎているので仕方ないですなあ。

それにしても高い授業料です。
とはいえ、OLEDディスプレイのXシリーズ系の31,800〜37,400円(もちろん税別)という信じられないくらい高額な修理費よりは安い。それでも突発的な2万はあれですけど。

AppleCare+、もう少し長い期間を選べるようになってくれないですかね。。
2年って車検じゃないんだからなあ。



AirPods 2は修理不可能

相変わらず、ストレートなiFixitさんがAirPods 2をティアダウン

丁寧にステップバイステップで解説付きですが、結論から言うと、修理スコアは0。

”AirPods 2は修理はできない構造で、バッテリーも密封されていて、このため、消耗品/使い捨ての製品となっている”そうです。



アップルが野心的ワイヤレス充電マットAirPowerをキャンセル、品質が水準を満たせない
AirPodsを発売した数日後にAirPowerをキャンセルしたアップル

やっぱりというかなんというか、3/28のOther Interestsに書いたけど、モックボックスに”2018 Apple Inc”とある時点で怪しいですよね。

製品が無いのに、”ほら、こんな素敵な機能がつくよ”とプレゼンして、”だけど、開発できなかった”っていうのは、正直Appleらしく無くて、どっちかというと、Appleが復活する前の一時期のMicrosoft的なアプローチなんだよなあ。

今ではMicrosoftの印象も変化してきているし、そのイメージは薄まっているなか、まさかAppleが、という思いがあります。

ある程度の企業規模になると、こういうことが起こりやすくなるんでしょうか。

ただ、”ごめんね、完成できなかった”というのをVPが言葉にしているのは、Appleらしい姿勢で、まだまだ期待できるかもと思いました。

この調子でバタフライキーボード問題も解決してほしいと思います。

さて、幻のAirPowerの代わりの製品はどんなもんでしょう。

AnkerやAukey製品もいいのですが、デザイン的には「NOMAD® | Base Station Apple Watch Edition」が好きかなあ。



ストレスと不安をApple Watchで解消した男性の話 | BUSINESS INSIDER JAPAN

うお、ストレスレベルなら、僕も負けてないはず。

と言うことは、Apple Watchで癒される可能性もたかそうです。

これで、日本でもECGとして認可されれば、結構売れそうな気がするなあ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。