iPhone 14 Pro / Pro Maxのカメラバンプが大きくなっているのは「広角カメラが48MPになるから」by Kuo氏

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの広角カメラは48MPに。


先週、iPhone 14 ProとPro MaxのCAD画像がリークされていましたが、注目はかなり出っ張り感を増している背面のメインレンズでした。


このカメラバンプについて、TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏は以下のように述べています。

14 Pro/Pro Maxのリアカメラが、より大きく、より目立つようになった主な理由は、ワイドカメラを48MPにアップグレードしたためです(13 Pro/Pro Maxの12MPに対して)。48MP CISの対角線の長さは25-35%増加し、48MPの7Pレンズの高さは5-10%増加することになります。

iPhone 13 Pro / Pro Maxの12MPから4倍の48MP?

凄そう!とは思うのですが、実感が湧きません。

ちなみに、GoPro HERO 10は23MP。

Sony ZV-1は約2100万画素なので、21MP。

GoProで撮影した映像って、iPhoneで撮影した動画よりも”良く見える”ことが結構あって、これは広角レンズの味付けとか色味なんだと思うんですよね。良く見えるような歪みもある。


この歪みを嫌う人もいるだろうし、好きな人もいる。僕は好きな方かな。

なので、広角レンズの画素数性能が向上したとしても、それはいかに細かく記録できるか、っていう話なので、最終的に1発録りした写真動画が良いものになるかどうかは別の話かなと。

そもそも、iPhoneのカメラとアクションカメラの性能を比較するのはアレですよねっていうのもあるけど、スマートフォンもモバイルで持ち運ぶデバイスという意味では一緒だと、僕は思ってます。Appleはそう思わないと思うけどw。

おそらく、14 Pro/Pro Maxのカメラ性能は、映像のプロフェッショナルなユーザーは高評価するだろうけど、コンシューマーにはオーバースペックでファイルサイズの扱いに困るっていうオチになるのでは、と。

まあ、最初だけちょろっと遊べればいいや、という人は除く、という話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA