今年のAppleプロダクト:初のARVRヘッドセットだけでなく、史上最大のデザイン変更になるMacBook Air、最恐性能のMac Proなど

BloombergのApple隊長、Mark Gurman氏による、今年登場するApple製品予想。

space black case Apple Watch, silver MacBook Pro, jet black iPhone 7 Plus, and silver iMac with corresponding boxes

今年、AppleはIntelプロセッサからApple Siliconへの切り替えを、早ければ6月のWWDC2022のタイミングで完了する見込み。

昨年発売されたMacBook Pro 2021に搭載されているM1 ProとM1 Maxのチップをベースに、新しいプロフェッショナル向けMac製品が目白押しです。

・最大40個のCPUコアと128個のグラフィックスコアを搭載した小型のMac Pro
・新しいMac mini
・27インチ大画面のiMac Pro
また、プロフェッショナル向け新製品だけでなく、マイナーアップデートも含んだ新製品では
・ラインナップ史上最大のデザイン変更になるMacBook Air
・エントリーレベルのMacBook Proのアップデート
・ワイヤレス充電を備えた新しいiPad Pro
が期待されています。

プロセッサについては、iPad ProはすでにM1搭載になっていて、すでに非常に強力であるため、新しいプロセッサ(例えば、M2など)の搭載は確定的ではありません。

また、MacやiPadと接続する次期外付けモニターについては、Pro Display XDRの半額程度になる予定で期待しているようですが、ここでは「来年」という表現でした。

スマートフォンとApple Watchのカテゴリーでは、

・上半期に5GバージョンのiPhone SE
・秋には穴あきサイズのノッチを備えたiPhone 14シリーズ
・新しいSE、シリーズ8、エクストリームスポーツ対応の頑丈なバージョンという3種類の新しいApple Watchラインナップ

が期待されています。

また、今年2022年の最大のプロダクトになるかもしれないのは、もちろん、Apple初のARバーチャルリアリティヘッドセット

コードネーム「N301」とそれに付随する「rOS」、コードネーム「Oak」を発表する予定

しかし、この製品のタイムラインは以前にもずれたことがあり、当初は2020年でした。

そして2021年のWWDCでも発表は行われず、現在は2022年のWWDCをデビューの目標にしているとのことです。

前にも書いたように、6月のWWDCでは発表だけが行われて、ソフトウェアデベロッパーに環境と時間を提供し、ハードウェアそのものは年末発売になる見込み。

価格は3000ドル程度という予想が大半ですので、欲しい方はそれなりに準備しとくといいかもです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA