パナソニック、シリーズ最軽量の頑丈ハンドヘルド「TOUGHBOOK FZ-T1」を今秋発売

パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社が,「TOUGHBOOK(タフブック)」シリーズの新たなラインアップとして、5型サイズのハンドヘルド「TOUGHBOOK FZ-T1」を10月に発売予定であることを発表しています。

「TOUGHBOOK FZ-T1」は、2014年に発売した、屋外現場で定評のある5型頑丈ハンドヘルドから、薄型軽量化したモデルで、屋内現場用として開発。
頑丈性能を継承しながらバーコードリーダー機能を搭載し、軽量でポケットに入るサイズを実現した、Android 8.1ベースの音声通話対応ハンドヘルドです。

150cmからの落下試験、1000回(100cm)の連続落下試験、80cmから鋼球落下試験し、IP66/68準拠の防塵・防滴/防水機能を備え、耐振動はMIL-STD-810G準拠です。


また、水に濡れた手で操作できるレインモード、約1mm厚までの手袋を装着してもタッチ操作が可能な手袋モードがあります。

サイズは高さ154×幅75×厚さ13.1mm、重さ240グラムです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。