[Unleashed!]噂通り驚異的な性能のM1 ProとM1 Max搭載のMacBook Pro 14インチ、16インチが発売。

定刻2:00AMにAppleイベントがスタート。


HomePod miniのカラバリ追加、AirPods 3も発表されたけど、もうM1 ProとM1 Max、新型MacBook Proのパフォーマンスが想像以上に凄すぎて、印象があまりなくなってしまった感が。


14インチは8コアと10コア。

16インチは10コアで8パフォマンスコア+2効率コア。

さらに32-core GPUのMAXも選べるよ、という構成。

で、今年はこのラインナップになりました。


PCノートブックとの比較では、同等かそれ以上のパワーを数分の1の電力で実行することが可能というグラフ。


恐ろしく効率がいいのはM1でわかってたけど、PROとMAXは、さらにその傾向が劇的に進化。

miniLEDディスプレイ、強化されたオーディオシステム、マイク、Thunderbolt 4ポート、MagSafeポート、HDMIポート、SDXCカードスロット、この辺も事前情報通りでした。

14インチも16インチもノッチありですね。


さて、お値段はこうなりました。

MacBook Pro 14インチ


MacBook Pro 16インチ


これも事前予想通り、そこそこの値段になってますが、性能を考えると割安とも思えます。

なお、ディスプレイサイズはベゼルが薄くなったので、16.2インチと14.2インチですが、16インチモデルは前と同じサイズだそうです。

なので、バックパックとかはそのまま使えそう。

スリーブもおそらく。

はめ込むタイプのケースは対応製品待ちになるかと思います。

注意したいのは充電環境です。

16インチ付属のUSB-C電源アダプタは140Wでした。


14インチのUSB-C電源アダプタも67W、96Wに変更

ここは予想外。おそらく急速充電機能に対応するためなんだろうな、、、。

従来通り、USB-Cでも充電可能ですが、例えば、USB-C接続のディスプレイで充電していた場合(僕もです)には電力が足りない可能性もあります。まじかー。

となると、充電環境を込みで考えるのであれば、ちょっと様子見が吉かなー。と思い始めました。

さて、恐ろしく処理能力が高く、使える時間が長く、急速充電にも対応した新型MacBook Pro。皆さん、どうしますか?

M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA