Apple、新製品リークを防止に向けて、製造メーカーの工場セキュリティガイドラインを大幅に強化

Appleが新製品の情報漏洩を防ぐ目的で、工場でのセキュリティを強化しているという話をThe Informationが伝えています。


Appleは人々のプライバシーを守ることを明確に表明していますが、このプライバシーに関する懸念は、同社の製品を製造する労働者には適用されないようです。

The Informationが入手したというAppleの内部文書によると、最近AppleはFoxconnやPegatronなどの製造パートナーに対して、自社施設を訪れたApple社員の指紋や顔のスキャンなどの生体データを収集することはできないと伝えました。

しかし、同時にこの新しい規則は、実際に製造業者に雇用されている100万人以上のApple製品を製造する労働者に対しては適用されず、逆にAppleの新製品を製造する場所に入るためには指紋や顔のスキャンデータを提出しなければならないとのことです。

この新しい規則は、Appleが更新した工場セキュリティガイドラインの一部であり、従業員のプライバシーをよりよく保護することを目的としていますが、同時に試作品、デザイン、その他の知的財産が盗まれたり、外部の人間と共有されたりするのを防ぐために、工場のオーナーが使用する対策を強化しています。

ガイドラインでは、Appleが初めて従業員の犯罪歴調査をメーカーに要求していて、工場内での監視カメラの設置や、製造工程中の部品を追跡するシステムのアップグレードも義務付けられています。

また、 “工場内での繊細な部品の移動 “についても厳格に管理する方針で、ある部品が「目的地に到着するまでに異常に長い時間がかかる」場合、内部のセキュリティアラームが作動させなければならないという規則が追加された他、輸送車両の四方を監視カメラで撮影することが義務づけられ、「試作品や不良品を破壊する様子を撮影したビデオ」を180日以上保存しなければなったそうです。

Appleは、Mac miniと独自ソフトウェアによって、製造データを収集し分析し、工場内の部品やコンポーネントを追跡するシステムへアップグレードを行なっているそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA