Appleの折りたたみディスプレイデバイス開発も見直し?早くて2025年。折りたたみ式のiPadかも

TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏によると、2024年に発売と予想されていたAppleの折りたたみデバイスですが、これを改める必要があるとツイート。


私は昨年のレポートで、Appleが早ければ2024年に折りたたみ式iPhoneを発売すると予想しましたが、現在ではこの予想を修正する必要があることが明らかになりました。Appleは、早ければ2025年に最初の折りたたみ式製品を発売する可能性があり、それは折りたたみ式のiPadか、iPadとiPhoneのハイブリッドになるかもしれないと予想しています。

また、Appleの折りたたみデバイス開発の優先順位は、中、大、小(のサイズ)のようで、iPhoneとiPadの間のPPI、TDDI採用の9インチ程度の折りたたみ式OLEDを積極的にテストしているものの、これは技術検証するためのもので、最終的な製品仕様とはならないかもしれない、という話も出ています。

img via:LetsGoDigital

なお、今年の2月には折りたたみ式iPhoneは2025年まで延期されたという話の直後に、2026年に20インチの折りたたみデバイスの話も出ていました。

”物理的なキーボードとトラックパッドをリプレイスし、完全にタッチスクリーンベースになる”という20インチデバイスが革新的に使いやすいデバイスになるかどうかというのは、まだ疑問ですが、テキスト入力することが無くて、デジタルアート制作のためのペンタブ用途として考えると、色々可能性は広がるのかもしれません。

20インチのOLEDとなると、そもそも高そうで手が届かない可能性もありそうですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA