iOS 11では32bitアプリは未対応に。

Grace – Picture Exchange for Non-Verbal People」などのiOSアプリを開発しているデベロッパーのSteven Troughton-Smith氏が、この秋リリースされるiOS 11からは32bitアプリがサポート対象外になるとツイートしています。


Smith氏は32bitアプリがサポート対象から外されることは「非常にはっきり」としており、もしかしたらAシリーズチップでも対応をしないことでサイズやパフォーマンスを改善する流れになるかもと推測しています。

iOS 11で32bitアプリが未サポートになるとすると、デベロッパーとしては9月以降も公開しておきたいレガシーアプリをアップデートしなくてはいけなくなるかもしれません。

また、購入する側としては、リリース日が古い32bitの有料アプリを購入する前には、デベロッパーが64bit版をリリースする予定があるかどうか、リリースする可能性があるかどうかをできる限り調べておいたほうがよさそうです。

参考:「Apple will reportedly drop 32-bit app support entirely with iOS 11 this fall


M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA