iPhone 14:アルミニウム製のモックがリーク。カメラバンプはやはりでかい!

さて、今年のiPhone 14ですが、各所で出ていたように、ラインナップからminiが無くなり、その代わりに6.7インチが加わ利、カメラバンプが大きくなる、ということでしたが、今回、weiboに公開された写真はこれらを裏付ける内容になっています。

機械加工のバリが残ったアルミニウム製の4つのモデルは、それぞれにモデルとスクリーンサイズを示すラベルも付けられていて、iPhone 14シリーズ用のアクセサリー、おそらくケースの製造のために作られたもののようです。

ノーマルとProは、それぞれ6.7インチと6.1インチで構成されていて、3つのカメラレンズを装着したProモデルは、2つのカメラを装着したバージョンに比べ、より顕著なカメラバンプがあります。

これも先月の「iPhone 14 ProとPro MaxのCAD画像」と同じように見えます。


Ming-Chi Kuo氏は、iPhone 14 Pro / Pro Maxのカメラバンプが大きくなっているのは「広角カメラが48MPになるから」と説明していました。


ということで、今年のiPhone 14シリーズは、今まで以上にスタンダードモデルとProモデルにカメラ機能の差が大きくなりそうです。

僕は13 Pro買ったので、購入周期としては今年は見送り組。

来年のペリスコープレンズ搭載モデルを待とうかなという感じですが、実際に秋になって発表見ちゃうと欲しくなるんだろうな、とも思います。むしろ、それくらい魅力的なものが出て欲しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA