AppleのVRヘッドセットはValve Corporationとの共同開発で2020年後半発売

DIGITIMESが、Appleが開発中のARヘッドセットは2020年後半早々に発売される予定で、台湾のQuanta ComputerとPegatronが製造を行うという市場関係者の情報を伝えています。

HTCとValveが共同開発した「Vive」

また、AppleのARヘッドマウント・ディスプレイはValve Corporationとパートナーシップの元、開発が行われているという話もあります。

Valve Corporationは、Windows/macOS/Linuxなどマルチプラットフォーム向けにゲーム/ソフトウェアを配信する「Steam」を運営。

ルームスケールのバーチャルリアリティシステム「HTC Vive」は、HTCとの共同開発によるものです。

Steamでは、HTC Vive対応の4,300タイトル以上、その他のVRハードウェア対応ソフトウェアを含めると5,200タイトル以上のVRコンテンツの提供も行なっています。

また、2017年には「SteamVR for macOS: ベータ版」もリリースしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA