Appleサポート:マグネットを使用したデバイスと医療機器の干渉について

Apple Supportに「医療機器の磁気干渉の可能性について(原文)」が掲載されています。

追記:医療機器への磁気干渉の可能性について – Apple サポート」も公開されました。


Appleデバイスは、他の多くの民生用電子機器と同じくマグネットが使用されており、特定の条件下ではマグネットや電磁界が医療機器に干渉する可能性があります。

例えば、体内に埋め込まれたペースメーカーや除細動器には、マグネットやラジオに密着して反応するセンサーが搭載されている場合があり、このような医療機器との相互作用の可能性を避けるため、マグネットを使用したAppleデバイスは医療機器から安全な距離(15cm)以上、ワイヤレス充電の場合は30cm以上に離して使用すること、具体的なガイドラインについては、かかりつけの医師および医療機器メーカーに相談することが推奨されています。

マグネットが使用されているAppleデバイスは以下の通りです。





M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA