4nmプロセスのM2シリーズのプロセッサの開発はほぼ完了。搭載製品は2022年後半、2023年はじめに発売

2022年にはMacラインナップの見直しと差別化が行われます。(そろそろ移行するタイミングも考えた方がいいかも。)

Appleが2年計画と発表した、Intelチップから自社開発のARMベースの「Apple Silicon」への移行は順調に1年目をクリアし、2年目に入りました。


そして、来年2022年には今年とはまた違った動きで製品ラインナップもアジャストされるようです。

サプライチェーン業界関係者によると、AppleのM2シリーズのプロセッサの開発はほぼ完了し、TSMCの4nmプロセスを使って量産される予定。

そして、今後、Apple Siliconは18ヶ月ごとにアップグレードされることになります。

11月に発表されたMacBook Pro 2021に搭載されている M1 ProとM1 Maxは、TSMCの5nmプロセスで製造されています。これらは、これまでで最もパワフルで機能的なMacのプロセッサです。

どちらのチップも、M1Xの10コアプロセッサアーキテクチャを採用していて、最大の違いはグラフィックスコアの数にあります。

AppleはApple Siliconの製品ラインを3つのレベルに分けていて、2022年にはMacシリーズのパソコンの名称を再調整し、M2シリーズのプロセッサーの分類をより正確に一致させ、製品の差別化と市場の細分化を明確にすることを望んでいるとのこと。

海外のニュースや業界のニュースによると、2022年以降のアップルのMacシリーズのパソコンは、以下の6つの主要製品ラインに調整される予定。

ノートブック:M2搭載MacBookと、M2 Pro/M2 Maxを搭載したMacBook Pro
オールインワンタイプ:M2搭載iMacと、M2 Pro/M2 Maxを搭載したiMac Pro
デスクトップ:M2搭載したMac miniと、M2 Pro/M2 Maxを搭載したMac Pro

ODM業界の関係者は、Appleは2022年にすべてのMacシリーズを自社開発のApple Siliconに変更し、世代交代が加速されることになり、M2プロセッサは2022年後半に、M2 ProとM2 Maxは2023年前半に発売される見込み。

サプライチェーン業界の関係者は、2022年下半期にコードネーム「Staten」のM2プロセッサを発売し、2023年上半期にはコードネーム「Rhodes」の新しいM2Xプロセッサアーキテクチャを発売し、異なるグラフィックコアに応じてM2 ProやM2 Maxなど2つのプロセッサをリリースすると見ています。

AppleのM2シリーズプロセッサは、すべて4nmプロセスを採用していて、その後、18ヶ月のサイクルで、TSMCの3nmプロセスで量産されるM3シリーズプロセッサに更新される予定です。

また、業界筋によると、Appleが2022年後半に発売するiPhone 14については、2つのA16 Bionicプロセッサがあり、いずれも6コアのプロセッサ・アーキテクチャを持つが、グラフィックス・コアの数によって差別化される見込み。5Gデュアルバンドと次世代LPDDR5、WiFi 6Eなどの技術仕様をサポートし、いずれもTSMCの4nmプロセスで製造予定です。




2件のフィードバック

  1. th より:

    時期についてはどうかな、って気がします。2022年はMacに新プロセッサはなくて
    M1 もしくは Pro/Max そのまま、あるいはマイナーチェンジでクロックちょっと
    上げるとか? Mac Pro は2023年でも驚きませんが

  2. M.Hirose より:

    M2が出るとしたら、結構みんな待っちゃいますよね。しかし、18ヶ月って早いなあ、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA