LG,webOS 2.0搭載のスマートテレビ製品を発表予定

ss_1469The Vergeなどによると,LGは,1/6に開催されるCES 2015において,webOS 2.0搭載製品を含むスマートテレビ新製品を発表するようです。

LG’s webOS 2.0 TVs are coming to CES


LGによると,webOS搭載のスマートテレビ製品は,発売後8ヶ月で500万台が販売されました。

新バージョンのwebOS 2.0では,主にパフォーマンスの改善が行われ,ホームスクリーンのYouTubeアプリのスタート時間が70%高速に,全体的な起動時間は60%速くなっています。

また,NetflixとAmazonと協力し,4Kストリーミングコンテンツの配信も機能として追加されるようです。

なお,「LG bets on webOS and a quantum-dot picture to help its new 4K TVs stand out」によると,LGの4Kテレビ製品は8ラインナップとなり,このwebOS 2.0と,カラー精度の高い「Quantum Dot」技術が2本柱として採用される予定です。

日本語関連記事:

LG、「webOS 2.0」搭載スマートテレビをCES 2015で発表へ

LG、「WebOS 2.0」搭載スマートテレビをCESで発表 – 4K対応や操作性の向上を実現

LG、次期スマートテレビ向けにWebOS 2.0を発表

1件の返信

  1. mh より:

    日本でも「LG 32V型 地上・BS・110度CSチューナー内蔵 3D対応フルハイビジョン液晶テレビ 32LB6500(USB HDD録画対応)」は販売されているんですよね。
    58,800円だから,他のメーカーの32V型よりは,(例えばシャープの32型よりも2.5万くらい)高いんですが,これだけ力入れているとなると第二世代は試してみたいですねえ。テレビは大きなサイズの家電だから,なかなか頻繁には買い換えしずらいですが…。(Hさん,お知らせ有り難うございます:-))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。