OLEDになったため、iPhone 12のディスプレイ破損修理価格はiPhone 11よりも高いです

Appleが、「iPhone の画面の修理・交換 – Apple サポート 公式サイト」にiPhone 12シリーズの画面の修理価格を追加しています。


iPhone 12、iPhone 12 Proの画面修理は30,400円。

これはiPhone 11 Proと同じ価格で、iPhone11の21,800円よりは高くなっています。

iPhone 12の修理価格が高くなっているのはiPhone 11の液晶からOLEDに変わっているためのようで、新たに採用されたセラミック硬化ガラスの価格は特に追加はなく、その分、抑えられた修理価格ともいえそうです。

とはいえ、画面修理には30,400円(しかも、これは税別です。)かかるため、破損しないようにケースや保護シートを使ったり、そして、何よりもApple Care+に入っていくことがベターだと思われます。

Apple Care+に加入している場合、画面修理料金は全モデルで3,700円。

さらに、画面以外の修理をApple Care+未加入で行う場合、iPhone 12は47,800円、iPhone 12 Proは59,800円。


こうなると買い替えまで考えるレベルですが、これもApple Care+加入の場合には12,900円となります。

ちなみに僕自身はiPhoneでApple Care+を使ったことはありませんが、MacBook Proではバッテリーや画面修理などで2度ほど使ったことがあります。

この時の修理対応もApple Care+に加入している場合にはスムースに行われ、実際に使えなかった日数も3日ほどでした。

ですので、Apple製品を買ったときには必ずApple Care+に入るようにしています。

新しいiPhoneを購入予定の方に参考になればと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。