2021年のiPhone 12SシリーズにはインスクリーンタイプのTouch ID機能が搭載される可能性

Bloombergが、2021年のiPhoneモデルでインスクリーンタイプのTouch IDが搭載される可能性があると伝えています。

black smartphone

image via Pixabay

今年のiPhoneは、昨年のiPhone 12のマイナーアップグレードで、5Gやハードウェアデザインには大きな変更の無い”S”がつくモデルを発売するようです。

同時に、Appleは画面内部に指紋認証機能を収めたインスクリーンタイプのTouch ID機能対応のテストを行なっているとしています。

ただ、これがiPhone 12Sシリーズに搭載されるかどうかは不明。

なお、5Gモデムを提供しているQualcommは今月初めに高速なインスクリーンタイプの指紋センサーを発表していることなどを考えると、以前、AppleがインスクリーンタイプのTouch IDをテストしていた時と比べて業界内の技術レベルは向上しており、実装しやすくなっていることは言えそうです。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA