ARM64eベースのプロセッサを搭載した新しいApple TV Remoteが開発中

9to5Macが、新しいApple TV Remoteが開発中という話を伝えています。

こちらは現行モデル。外観デザインも変わるのかが気になります。

内部情報によると、この新しいApple TV Remoteはコードネーム「B519」と呼ばれています。

Appleは、tvOS 14.5ベータ版から「Siri Remote」という名称の記述を削除、「Apple TV Remote」という名称に変更しています。

この名称はすでに一部の地域で使用されていましたが、今後はエリアでの標準表記となるようです。

昨年、Bloombergは、Appleがより高速なチップを搭載し、「探す」アプリと連動する新しいリモコンを備えたApple TVの開発に取り組んでいると報じていて、その後、この新しいApple TVは2021年に発売されるとしています。

また、9to5Macでは、tvOS 13のコードの中にApple TVの新モデルに関する記述を見つけたとしていて、このコードにより次世代Apple TVがARM64eアーキテクチャをベースにしたより強力なプロセッサを搭載することも明らかになり、それはA12チップかそれ以降のものである可能性があるとしています。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA