iFixitが、10.2インチディスプレイ搭載の「iPad 7」のティアダウン〜リペアのしやすさは”2”

iFixitが、新しい10.2インチの「iPad 7」のティアダウンを公開。

10.2インチのディスプレイで外観は変化が大きいのですが、CPUは第6世代の9.7インチ iPadと同じA10 Fusionチップ、バッテリー容量の8,227mAh/32.9Whも変化ありません。

ただ、RAMが2GBから3GBに増加しており、10.2インチディスプレイ(2160 × 1620、264ppi)、スマートコネクターによるSmart Keyboard対応により、全体的なパフォーマンスと使い勝手が向上しています。

なお、DIYでの修理のしやすさを表すリペアビリティスコアは2。

他のiPad同様に、強力な接着剤があらゆる場所に使われているため、すべてのリペアが行いにくく、Lightningポートはロジックボードに直付けとなっていることを挙げています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。